人の体にはどうして毛があるの?人間の体には毛で覆われています。髪の毛のように一面覆われている場所もあれば、顔や、腕、足のように一部だけが濃く、その他の部分は産毛の所もあります。どうしてこのように部位によって毛の量が違うのでしょうか?また思春期から生えてくる性毛も体毛とは区別されます。

人の体にはどうして毛があるの?部位によって毛の量が違うのは何故?

脱毛しよう!

肌に良い事を実際に試して見よう!

更新日:

肌に良い事を実際に試して見よう!

作り方も簡単なので是非お試しください。材料ですが、ドライローズヒップは乾燥ハーブを取り扱っているところにおいてあります。

精製水は、薬局や、ドラッグストアなどのコンタクト洗浄液の売り場においてあります。ホホバオイルと、乳化ワックス、キサンタンガムは手作りの化粧品を取り扱ってるコーナーなどで探してみてくださいね。

お手ごろな容器もいろんなサイズのものがあって選ぶのが楽しくなりますよ。

お好みで香りをつけたいときのエッセンシャルオイルはアロマコーナーなどで探してみてくださいね。

原液を直接お肌につけないように香りを楽しみながら選んでみてください。最初はラベンダーや、カモミールなどがお勧めです。

手作りの化粧品は防腐剤などはいっていないので冷蔵庫などに保管し、早めに使い終わるようにしてくださいね。材料もそれほど高価ではないので、お肌にたっぷり使ってあげてくださいね。

基本は、規則正しい生活スタイルです

~1日3回の食事~

食事を1日に3回とることには理由があります。人の体の中には体内時計があるということを耳にしたことがありますよね。

この体内時計が狂ってしまうと体調を壊してしまったり、ひどいときは病気になってしまいます。

海外へいって時差があるために体のコントロールがうまくいかず体が慣れない、といった話もよく耳にすると思います。毎日の活動を狂わせないためにも規則正しく3度の食事を取りましょう。

また、人間にとって3回の食事は生活のリズムを維持するための重要な役割を果たしているということを忘れないようにしてください。

~綺麗で、健康な肌を保つために~

規則正しい生活は私たちが生きていくための一番の基本です。睡眠不足、偏食、無理なダイエットなど、生活スタイルの基本が壊れると歯車がずれたようにあちこちガタガタになってしまいます。

若いと無理がきくかもしれませんが、それもいつまでも続けられるわけないですよね。

睡眠不足だと頭がすっきりしないまま1日を過ごしてしまいなんとなくうまくいかないですよね。

偏食や、無理なダイエット、これもすぐにはわからないかもしれませんが、何かの栄養素が欠けてしまうことで病気を引き起こしてしまったり、お肌の調子が悪くなったり、長年続けてしまうことで、取り返しのつかない病気になることだってあるのです。

そうならないためにも、栄養のバランスをよく考えて、いろんなものを食べるようにしましょう。

-脱毛しよう!

Copyright© 人の体にはどうして毛があるの?部位によって毛の量が違うのは何故? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.